ささめきごと

きまぐれに歪んだハロプロ愛を叫んだり叫ばなかったりするブログ。あとは趣味といろいろをのんびりと。。

さよならももち さよならハロプロキッズ

f:id:xpi:20170701021618j:image

2017年6月30日。

 

Berryz工房およびBounoのメンバーとして、またカントリー・ガールズプレイングマネージャーとして活動してきたももちこと嗣永桃子ハロー!プロジェクト卒業および芸能界を引退した。

 

私がももちと出会ったのは、ハロプロキッズ時代に出演した「仔犬ダンの物語」のとき。同年代だった私は当時小学生で、モーニング娘。をはじめとするハロプロが大好きだった。その延長でこの映画をレンタルしてもらって見たんだと思う。このときはじめて桃子ちゃんを知って、はじめてハロプロキッズのメンバー・嗣永桃子の名前を覚えた。

 

それから気づけばこんなに時間が経っていて、新たなアイドルのジャンルであるイラドルとしてももちが爆誕したり、Berryz工房の無期限休止やカントリー・ガールズへの加入などなど本当にいろんなことがあった。彼女を通していろいろなことを見てきたのだ。

 

正直言えば「ももち」としてぶりっこキャラでぐいぐい押してきたときは「おいおいどうしたんだよ桃子…」と思ったけれど、今思えばそれはきっとレジェンド道重と同じく所属するグループのことを思ってのことだったんだろう。もともとぶりっこキャラとしての適正はきっとあったんだろうが、あれだけ世間からぼろくそに叩かれまくったのにやり続けたのはそうであったと信じたい。事実ベリが活動休止になってからは、ももち結び(私に言わせればブレイクを阻んだもの)を封印している。「Berryz工房が活動休止になってから、ももち結びをつくる魔法が使えなくなった」とももち自身が語っているのもその証拠になるだろうか。

 

桃子ちゃんがいなくなるということは、ハロプロキッズはついに全員がハロプロを去ったということになる。それはつまり、ハロプロの全盛期を身を以て体験した人が全ていなくなるということで、時の流れを感じざるをえない。あんなに小さかったのに、みんなこんなにも大人になったなんて!私も同年代なので尚更に感慨深い。時の流れは怖いねえ…。。

 

f:id:xpi:20170701022859j:image

 まあ桃子が髪を下ろしたら可愛くなるのはわかってたしみんな知ってたからね!!でも可愛いだけじゃなくて、満を辞してアイドルとしての嗣永桃子の集大成を見せつけたっていうのが本当にかっこよかった。

 

ももちとしてバラエティを騒がせるようになってからの彼女への風当たりは本当に強かった。バッシングはもちろんだけど、バラエティでの扱われ方も完全にイロモノのそれで、決してハロプロのプロのアイドルという扱いは受けていなかった。それをニコニコしつつ「許してにゃ〜ん♡」ってやってのけるのは本当にすごい。普通なら心折れてキャラ変しそうなものだけど、最後までももちは、桃子はそのままでいてくれた。前に前に引っ張ってくれた。それが本当に嬉しいし、尊い

 

明日からは彼女は芸能界を引退して、ひとりの元アイドル・一般人の嗣永桃子になる。ぶっちゃけこんなビジュアルが整いまくった美人さんが一般人なんて信じられないけど、彼女は表舞台から去ることになる。自身のもうひとつの夢だと語った、教育者の道へと歩みはじめる。それはすごく喜ばしいことだけれど、あまりに彼女を追いかけてきた期間が長すぎて信じられない自分がいる。信じたくないとも言う。

 

f:id:xpi:20170705140025j:image

 

なにはともあれ。

最後の最後までアイドルで居続けてくれた桃子に、どうか幸せな未来があらんことを。幸せな時間をたくさんくれた彼女に、ファンの幸せを最後まで願ってくれた彼女に、最高の幸せが訪れますように。

 

f:id:xpi:20170705140446j:image

ありがとう。

モーニング娘。が再ブレイク出来ないのはエースがいないから説

工藤遥の卒業発表後、「次のエースは誰だ!」との話題を耳にします。が、そもそも工藤はエースだったのか…?という疑問が私の中に湧き上がったので改めて考えてみました。

 

 

とりあえず工藤は「まだ」エースではなかった

f:id:xpi:20170614200428j:image

まず、現在のモーニング娘。にはエースがいないというのが個人的な持論です。2015年にモーニング娘。を卒業したりほりほこと鞘師里保がいなくなってからは、はっきりと「◯◯がエース!」っていう感じのメンバーがいない印象を受けます。工藤についてはエース足りえる実力をつけてきたな、っていう成長段階であって、決してエースではなかったと思います。

 

あくまで私個人の意見なんですけど、いちばんエースに近いポジションにいるのは、モーニング娘。の圧倒的ディーヴァ・小田さくらか、ここ数年でめきめきと頭角と才能をあらわにしてきた佐藤まーちゃんのふたりだと思っています。でもいざどちらかひとりを(あるいは他にメンバーの誰かを)エースです!と言い切れるかどうかっていうと…こう、なんか違う気がするんですよ。上手く言えないけど。

 

かつて絶対的エースと呼ばれた鞘師は、パフォーマンスはもちろんですがその存在感だけでも「あ、これエースですわ」と思わざるをえないものがありました。そういう圧倒的な「なにか」を持っているメンバーがいない、あるいは活かしきれていないのが、現在のエース不在のモーニング娘。だと思うのです。アイドルに興味があって何かしら追いかけてる人はともかくとして、興味もなければ接点もないような人をモーニング娘。もといハロプロ沼にぶちこむには、惹かれるものを持ったメンバーはなにがなんでも必要。間違いなく必要。ほんとに人材不足。

 

エース不在がいい方向に働いているのは、いまハロプロのなかでもオラついてるアンジュルムだと思う。もともとビジュアルも良いし個々のスキルもレベルが高いし、個性もわりと強めな子が多いので、なんていうかしのぎを削ってる感がすごいですよね。他のアイドルを一掃したる!みたいな執念を感じる。特にあやちょ。

 

モーニング娘。はなんていうか、「エースがいない」じゃなくて「エースになれない」子たちがまだ多い気がするので、握手会よりなによりダンスレッスンとかボイトレとかを重ねて頂いて、ぬるま湯状態のこの現状を打破して頂きたい。ふくちゃんリーダーはもう変われない気がするから、サブリーダーズにぜひ鬼になってほしいところなんだけどね…。

 

 

じゃあ結局誰ならいいんだよ!と思った方へ( ´•ω•` )

これについてはねー、もうあとは好みになっちゃうと思うんですよ。応援してる子がエースになるとかセンターになるとか、結局ヲタが望むのはそこでしょ。鞘師か卒業してから誰を贔屓すべきかをすっかり見失った私はともかく、いわゆる「推し」にセンター取って欲しいじゃないですか。アイドルを応援する醍醐味ってそこだと思うんですよ。

 

私個人としてはビジュアル的には牧野と尾形がいれば大丈夫だと思うんですよね。ただ客観的に見てしまうとうーんみたいな。すごいもやもやするというかなんというか。なんなんですかねこの感覚ほんとにもどかしい。

 

ぶっちゃけ誰にやってもぶっ叩かれるのは目に見えてるんだし、とりあえず誰かエースに据えてみるか、圧倒的エースのオーラを持つ新メンバーをなにがなんでも探すかしてみたらいいんじゃないですかね。中途半端に推す推す詐欺して先延ばしにしてたら、それこそ飽きられちゃうよ!頼むぜアップフロント!!

工藤遥、娘。卒業するってよ

先日、モーニング娘。’17のくどぅーこと工藤遥が卒業を発表しました。ツイッターでは「#くどぅー」がトレンド入りするなど話題になっていますが、私はといえばよくわからん憤りでプンスカしていたのでした。佐藤まーちゃんの休業やらサシなんとか娘とかいうオワコンやらなんなんだよこのアニーバーサリーイヤーはよ!!

 

※以下妄想だらけなので閲覧注意

 

  

そもそも工藤遥とは

f:id:xpi:20170504014607j:image

モーニング娘。へ10期生として加入し、エッグ出身者とはいえダンスや歌のスキルはそこそこだったのではじめこそ目立たない存在でしたが、ショートカットでボーイッシュ路線にシフトしてからは女ヲタ獲得に一役買ってくれました。メディアの露出などでは比較的調子にのっているというか、面白さを取り違えてる感があったり上から目線発言が多かったりで正直苦手だったんですけど、あの可愛さとハスキーボイスのギャップは好きです。

 

最初こそビジュアルだけ(てかそれくらいしか使いどころなかった気がする)で持ってた感ありましたけど、絶対的エースであるりほりほこと鞘師里保が卒業してからは歌唱力やダンスなどめきめき上達し、次のエース候補として話題にあがることも増えました。「次のエースは工藤クルー?」みたいな雰囲気をむんむん醸し出しておいて結局これかよ!と。

 

だって1ヶ月前に「卒業をはまだまだ〜」みたいなこと言ってたんですよ。インタビューの時期とか考えてもそんなに時間経ってないだろうし、インタビューから雑誌発売までのあいだにいったいなにがあったんだと。ちなみにその雑誌はいまでも買えるらしいです。なにこの二律背反。

 

 

 

もしかして:須藤茉麻が背中を押しちゃった説

なんの根拠もありませんが、悩める工藤の背中を最終的に押したのはBerryz工房メンバーで演劇女子部のプレイングマネージャーである須藤茉麻では…と個人的に思っています。過去に須藤は自分の考え方と工藤の考え方は似ていることをブログに綴っています。演技についてメールのやり取りをしていることを工藤自身も明かしていますし、少なからず相談とかはしてたんじゃないかなと。工藤の卒業について須藤がなんのアクションもしてないことがかえって怪しく感じてしまう。

 

とはいえまあ、私の妄想の域を出ないのでもちろん茉麻はなんにも悪くない。本当になにも知らなくてびっくりしてるだけかもしれないし。言ってみただけ。

 

 

 

これでモーニング娘。の20周年はさして話題にもならず終わりそう…(白目)

まあなんていうか、ぶっちゃけ今回のことについては工藤自身がなかば突発的に決めたんじゃないかなーと思ってます。私が引っかかったのはたぶん、「ファンのみなさんに失礼」とか言いながらファンがいちばん嫌がるであろうことをさもファンやメンバーのためだと言ってやってのけようとしているところだと思うんですよね。なんていうか女性特有の綺麗に見せようとしている部分は非常に不愉快。演技に専念したいから、って堂々と言ってたらまだ応援出来たけど、なんだかすごく気持ちが悪い。

 

メンバーのためを思うなら、せめて今年までは我慢して欲しかった。だって20周年ですよ。ひとつのグループこれだけ続くなんて、ほんとにすごいことですよ。今回の件で工藤の卒業ばっかりに話題がさらわれていってたぶん終わりですよ。なんかすごくかなしいというか、このやり場のない気持ちをどうしたらいいのか。。

 

とはいえ大きな決断をしたことには変わりないので、せめて小春ルートには乗らないようにして、まあなんか頑張れ工藤。 

 

 

サシニング娘。とかいう誰得コラボが嫌すぎて辛い

先日発表されたモーニング娘。AKB48指原莉乃とのコラボレーション「サシニング娘。」まさかのコラボに賛否両論あるみたいですが、私は圧倒的に否定派です。むしろ嫌すぎて辛いです。このモヤモヤをどうにかしてほしい!ということで、ただ文句をタラタラ言う回です。

 

 

まずネーミングからして無い

はじめに文句を言いたいのが、「サシニング娘。」というユニット名。モーニング娘。指原莉乃を組み合わせたんだろうけど、まずこれが無い。私が無駄に裏の裏を考えようとするのが悪いんですが、モーニング娘。が指原に乗っ取られた感がすごい。かつてハロー!プロジェクト内のグループ間でのコラボレーションが行われたときは『メロン記念日に紺野と藤本』『カントリー娘。石川梨華』って感じだったじゃないですか。それにならって『モーニング娘。指原莉乃』じゃだめなんだろうか。まあ今回はAKB48のアルバム曲らしいのでそれは無理だとしてもサシニング娘。って。母屋乗っ取られてますがな。

 

語感はいいかもしれないけど、モーニング娘。という名前が出てこない時点で取り込まれたようなもんじゃないですか。シングルならまだしもアルバム曲なら聴くのはたぶんAKBのファンが大多数だろうし、オリコンのランキングもあくまでAKB48としての記録になるわけでしょ?おまけにハロヲタにはAKBが嫌いな人も少なくないからメディア媒体に出演しても指原とセット扱いならそっぽ向くだろうし。少なくとも私は絶対に買わないし聴く気もない。

 

おまけに指原といえば過去のスキャンダルはもちろん、開き直ってる様や毒舌を勘違いした性悪な言動など、あまりいい印象がありません。完全に私の主観で申し訳ないんだけど本当に嫌い。グループのなかではバラエティスキルはひとつ抜けていると思うので実力はあると思いますが、彼女が出ている番組はそっとチャンネルを変える程度には嫌いです。アイドルファンはこういう性格の子は嫌いだと思うんだけどなあ…今はそういう子が好かれるんでしょうか。時代に置いてけぼり感がはんぱない!

 

 

自ら死にに行くようなプロモーションはお願いだからやめて下さい(切実)

今回のコラボはおそらく、ハロプロヲタを自称している指原からのラブコールに応えるかたちでオファーを受けたのではないかなと思っています。まさか事務所側から「アルバム曲でもいいから!好きにしていいから使って!」って形で懇願してたなら泣く。憤慨っていうか普通に悲しい。オファー受けたにせよなんでオッケーしたのかもよくわかんないけど。

 

個人的に指原は容姿も言動もアイドルじゃないし完全にヨゴレアイドルだと思ってるので、再ブレイクに向けて奮闘する娘。たちにはあまり深く接触させないで欲しかったのが本音。完全に落ち目のAKBサイドのドーピング薬として使われて欲しくはなかったんですけどね。大人の事情で仕方がないのかもしれないけど、これ以上指原にハロプロを安売りもとい献上するようなことはしないで欲しいものです。私はモーニング娘。ハロプロを嫌いになりたくないし、なによりメンタルがもたない。

 

逆に今回のことで向上心がバキバキな小田さくらとか牧野真莉愛あたりが「ちくしょう!ちくしょう!!」ってな感じで奮い立ってくれたらいいなとは思う。ハングリー精神とかメンタル強そうなメンバーにはサシなんとか娘は黒歴史だと受け止めて頂いて、モーニング娘。の士気を高めてほしいものです。

 

 

まとめ

とりあえずサシなんとかについてはさっさと切り捨てて頂いて、そろそろ モーニング娘。にもアルバム下さい。

 

(後日追記)箱を開けたらほぼ指原ソロで、たまにまーちゃんが歌ってるだけってウケるww他のメンバーは完全にその他大勢のダンサー扱いとかwww私は実際に聴いてないので他の方の感想ですが、やっぱそんな感じだったのね。あれやっぱりメリットなくない?

夢幻クライマックスからはじまる、℃-uteのクライマックス

f:id:xpi:20161210233515j:image

 

11/2に発売された°C-uteの新曲「夢幻クライマックス」のMVがYouTubeで公開されました。

°C-uteといえば、来年の6月に控えたさいたまスーパーアリーナでのコンサートをもって解散をすると発表され、多くのファンが絶望感れました(私もその一人)。そんななかでの夢幻クライマックスのMV公開…なんだこれ格好よすぎかよ…!

 

f:id:xpi:20161210234144p:image


先日発売された「夢幻クライマックス」は、超絶道重ヲタとしてお馴染みのシンガーソングライター・大森靖子さんが作詞をされています。

 

独特の世界観のなかに見え隠れするハロプロ愛。その証拠に歌詞のあちこちに°C-uteのメンバーの名前が!入っているのです!!過去に在籍していたメンバーも含め全員分の名前を見つけたときは思わず叫んだよね…!

 

こんな隠し要素も、ハロプロを愛してやまない大森さんだからこそ。個人的に大森靖子さんの楽曲のファンでもあったのでたまらなく嬉しかったです。

 

 

 

f:id:xpi:20161210234003j:image


今回のMVでの魅力は、やはり°C-uteならではのハイレベルなダンス。拍をずらして踊る「カノン」というダンステクニックが多用されているダンスも素敵。ハロプロいちのパフォーマンス集団と呼ばれる°C-uteだから出来る圧巻のダンスは一見の価値ありです。

 

ゴシックな世界感とメンバーそれぞれが見せる憂いを含んだ表情は、何度見ても飽きないし目が離せないですよ。

 

そして今回私がいちばんビビッたのは、なんといってもメンバーのビジュアルのコンディションのよさ。もちろんかねてからそれは感じてはいたのだけど、もはや神々しさを感じました。

 

f:id:xpi:20161210233617j:image

 

見ろ!この!圧倒的な!美しさを!!!

 

まいみーの「さみしい…」は色気ダダ漏れだし…なんかもう…°C-ute解散とかハロプロというかアイドル界の大きな損失でしかないと思わざるを得ませんでした。

 

いろいろあったけどやっぱり°C-uteハロプロ随一のパフォーマンス集団というのは揺るがないわけで、その技術や経験は確実に今のハロプロ内では群を抜いています。いやあ勿体無い、惜しい人をなくしたなあ…まだ解散してないけど…

 

 

解散まで残り約7ヶ月!最後まで℃-uteから目が離せない・・・!

f:id:xpi:20161210233810j:image

前述したとおり、来年の6月に行われるさいたまスーパーアリーナでのコンサートをもって解散する°C-uteBerryz工房のメンバーとハロプロキッズとして加入した彼女たちを、多くの人が幼いころから見守ってきました。これをきっかけに、彼女たち含め今後のハロプロの動向について再注目した人も増えたはず。

 

いよいよ本格的にはじまるクライマックスへ向かう彼女たち。これはいわば終わりのはじまりと言ってもいいのかもしれません。最後まで°C-uteらしさを貫いて突っ走って欲しいなと思います( ˊᵕˋ* )

 


※この記事は【note】にて2016/11/10に投稿した内容です。