ささめきごと

きまぐれに歪んだハロプロ愛を叫んだり叫ばなかったりするブログ。あとは趣味といろいろをのんびりと。。

工藤遥、娘。卒業するってよ

先日、モーニング娘。’17のくどぅーこと工藤遥が卒業を発表しました。ツイッターでは「#くどぅー」がトレンド入りするなど話題になっていますが、私はといえばよくわからん憤りでプンスカしていたのでした。佐藤まーちゃんの休業やらサシなんとか娘とかいうオワコンやらなんなんだよこのアニーバーサリーイヤーはよ!!

 

※以下妄想だらけなので閲覧注意

 

  

そもそも工藤遥とは

f:id:xpi:20170504014607j:image

モーニング娘。へ10期生として加入し、エッグ出身者とはいえダンスや歌のスキルはそこそこだったのではじめこそ目立たない存在でしたが、ショートカットでボーイッシュ路線にシフトしてからは女ヲタ獲得に一役買ってくれました。メディアの露出などでは比較的調子にのっているというか、面白さを取り違えてる感があったり上から目線発言が多かったりで正直苦手だったんですけど、あの可愛さとハスキーボイスのギャップは好きです。

 

最初こそビジュアルだけ(てかそれくらいしか使いどころなかった気がする)で持ってた感ありましたけど、絶対的エースであるりほりほこと鞘師里保が卒業してからは歌唱力やダンスなどめきめき上達し、次のエース候補として話題にあがることも増えました。「次のエースは工藤クルー?」みたいな雰囲気をむんむん醸し出しておいて結局これかよ!と。

 

だって1ヶ月前に「卒業をはまだまだ〜」みたいなこと言ってたんですよ。インタビューの時期とか考えてもそんなに時間経ってないだろうし、インタビューから雑誌発売までのあいだにいったいなにがあったんだと。ちなみにその雑誌はいまでも買えるらしいです。なにこの二律背反。

 

 

 

もしかして:須藤茉麻が背中を押しちゃった説

なんの根拠もありませんが、悩める工藤の背中を最終的に押したのはBerryz工房メンバーで演劇女子部のプレイングマネージャーである須藤茉麻では…と個人的に思っています。過去に須藤は自分の考え方と工藤の考え方は似ていることをブログに綴っています。演技についてメールのやり取りをしていることを工藤自身も明かしていますし、少なからず相談とかはしてたんじゃないかなと。工藤の卒業について須藤がなんのアクションもしてないことがかえって怪しく感じてしまう。

 

とはいえまあ、私の妄想の域を出ないのでもちろん茉麻はなんにも悪くない。本当になにも知らなくてびっくりしてるだけかもしれないし。言ってみただけ。

 

 

 

これでモーニング娘。の20周年はさして話題にもならず終わりそう…(白目)

まあなんていうか、ぶっちゃけ今回のことについては工藤自身がなかば突発的に決めたんじゃないかなーと思ってます。私が引っかかったのはたぶん、「ファンのみなさんに失礼」とか言いながらファンがいちばん嫌がるであろうことをさもファンやメンバーのためだと言ってやってのけようとしているところだと思うんですよね。なんていうか女性特有の綺麗に見せようとしている部分は非常に不愉快。演技に専念したいから、って堂々と言ってたらまだ応援出来たけど、なんだかすごく気持ちが悪い。

 

メンバーのためを思うなら、せめて今年までは我慢して欲しかった。だって20周年ですよ。ひとつのグループこれだけ続くなんて、ほんとにすごいことですよ。今回の件で工藤の卒業ばっかりに話題がさらわれていってたぶん終わりですよ。なんかすごくかなしいというか、このやり場のない気持ちをどうしたらいいのか。。

 

とはいえ大きな決断をしたことには変わりないので、せめて小春ルートには乗らないようにして、まあなんか頑張れ工藤。