ささめきごと

きまぐれに歪んだハロプロ愛を叫んだり叫ばなかったりするブログ。あとは趣味といろいろをのんびりと。。

モーニング娘。が再ブレイク出来ないのはエースがいないから説

工藤遥の卒業発表後、「次のエースは誰だ!」との話題を耳にします。が、そもそも工藤はエースだったのか…?という疑問が私の中に湧き上がったので改めて考えてみました。

 

 

とりあえず工藤は「まだ」エースではなかった

f:id:xpi:20170614200428j:image

まず、現在のモーニング娘。にはエースがいないというのが個人的な持論です。2015年にモーニング娘。を卒業したりほりほこと鞘師里保がいなくなってからは、はっきりと「◯◯がエース!」っていう感じのメンバーがいない印象を受けます。工藤についてはエース足りえる実力をつけてきたな、っていう成長段階であって、決してエースではなかったと思います。

 

あくまで私個人の意見なんですけど、いちばんエースに近いポジションにいるのは、モーニング娘。の圧倒的ディーヴァ・小田さくらか、ここ数年でめきめきと頭角と才能をあらわにしてきた佐藤まーちゃんのふたりだと思っています。でもいざどちらかひとりを(あるいは他にメンバーの誰かを)エースです!と言い切れるかどうかっていうと…こう、なんか違う気がするんですよ。上手く言えないけど。

 

かつて絶対的エースと呼ばれた鞘師は、パフォーマンスはもちろんですがその存在感だけでも「あ、これエースですわ」と思わざるをえないものがありました。そういう圧倒的な「なにか」を持っているメンバーがいない、あるいは活かしきれていないのが、現在のエース不在のモーニング娘。だと思うのです。アイドルに興味があって何かしら追いかけてる人はともかくとして、興味もなければ接点もないような人をモーニング娘。もといハロプロ沼にぶちこむには、惹かれるものを持ったメンバーはなにがなんでも必要。間違いなく必要。ほんとに人材不足。

 

エース不在がいい方向に働いているのは、いまハロプロのなかでもオラついてるアンジュルムだと思う。もともとビジュアルも良いし個々のスキルもレベルが高いし、個性もわりと強めな子が多いので、なんていうかしのぎを削ってる感がすごいですよね。他のアイドルを一掃したる!みたいな執念を感じる。特にあやちょ。

 

モーニング娘。はなんていうか、「エースがいない」じゃなくて「エースになれない」子たちがまだ多い気がするので、握手会よりなによりダンスレッスンとかボイトレとかを重ねて頂いて、ぬるま湯状態のこの現状を打破して頂きたい。ふくちゃんリーダーはもう変われない気がするから、サブリーダーズにぜひ鬼になってほしいところなんだけどね…。

 

 

じゃあ結局誰ならいいんだよ!と思った方へ( ´•ω•` )

これについてはねー、もうあとは好みになっちゃうと思うんですよ。応援してる子がエースになるとかセンターになるとか、結局ヲタが望むのはそこでしょ。鞘師か卒業してから誰を贔屓すべきかをすっかり見失った私はともかく、いわゆる「推し」にセンター取って欲しいじゃないですか。アイドルを応援する醍醐味ってそこだと思うんですよ。

 

私個人としてはビジュアル的には牧野と尾形がいれば大丈夫だと思うんですよね。ただ客観的に見てしまうとうーんみたいな。すごいもやもやするというかなんというか。なんなんですかねこの感覚ほんとにもどかしい。

 

ぶっちゃけ誰にやってもぶっ叩かれるのは目に見えてるんだし、とりあえず誰かエースに据えてみるか、圧倒的エースのオーラを持つ新メンバーをなにがなんでも探すかしてみたらいいんじゃないですかね。中途半端に推す推す詐欺して先延ばしにしてたら、それこそ飽きられちゃうよ!頼むぜアップフロント!!